HOT INFORMATION!

4月19日 春季大祭が盛大におこなわれました。

  • 春は4月19日、秋は10月19日を祭日として毎年行われる大祭です。
  • 神楽殿では地元神楽保存会による「太々神楽」、また小中学生の「浦安舞」・「豊栄の舞」を奉奏しました。
    倉賀野中生徒の浦安舞  太々神楽
    倉賀野中生徒の浦安舞           太々神楽「稲荷種蒔の舞」
  • 春祭は作物のゆたかな実りを祈る祭りで、予祝(よしゅく)すなわち豊作の前祝いの儀式でもあります。幕末頃の倉賀野神社古文書によれば、「豊熟(ほうじゅく)祈祷」とよばれていました。当時は春の祭礼の数日前に、祭りの執行を告げる廻文が神社から近隣の7ヶ郷の村々に配布され、その廻文には高崎城主の武運長久のための太々神楽を行う旨がしるされていました。
    豊栄舞  紙芝居「飯玉縁起
    倉賀野小児童の豊栄舞            境内では紙芝居『飯玉縁起』を上演