10月19日 例大祭がおこなわれました。

  • 秋の実りを感謝するとともに、皇室の弥栄と国土の安全を祈念する祝詞(のりと)を奏上しました。そして氏子地域の繁栄を祈ると同時に、昨年の大震災・原発事故被災地の復旧復興を神前に祈念した次第であります。
                        社頭の縣税(かけぢから=稲穂の奉納) 

       倉賀野神社例大祭     倉賀野神社例大祭・式典

  • 神楽殿では地元保存会が太々神楽を奉納、日本神話の「天(あめ)の岩戸開き」など神楽11座が演じられました。

    太々神楽「イザナギ・イザナミの舞」

  • また倉賀野小学校児童、倉賀野中学校生徒等19名が「豊栄舞(とよさかのまい)」、「浦安舞(うらやすのまい)」を神前に奉奏しました。

    倉賀野小6年生の「浦安舞」

  • 午後3時には中学生が担ぐ神輿が出発し、順路のスーパー駐車場のお旅所では、雅楽の演奏や「豊栄舞」が披露されました。
        中学生神輿が倉賀野神社を発輿       中学生神輿の行列

                 中学生神輿の御旅所