夏越 大祓(なごしのおおはらえ)   

  • 6月30日の夕方6時から行われました。
  • 日々の生活のなかで知らず知らずのうちに我が身に付いた「つみ・けがれ」を祓い、心身を清める儀式が「大祓」で、一年に二回おこなわれるものです。6月30日が夏越の大祓、12月31日におこなわれるのが年越大祓です。
  • とくに6月 夏越の大祓では参道の大きな「茅輪(ちのわ)」をくぐってお詣りし、夏の疫病除けをあわせて祈ります。
  • 参拝者は家族それぞれの「身代わり人形(ひとがた)」を持ち寄って神社に納め、神前に「大祓詞(おおはらえのことば)」をいっしょに奉唱しました。
    画像の説明